IFACの紹介 - 副会長 ごあいさつ

副会長 ごあいさつ

特定非営利活動法人(NPO法人)世界芸術文化振興協会
副会長 栗林 義信

 世界芸術文化振興協会は1996年に設立され、毎年6~7公演を行っています。
 チャリティーコンサートとして「中東和平コンサート」、ニューヨーク・カーネギーホールで「世界を華麗な舞台に」、ロンドンでは2回にわたり「ニューイヤー・コンサート」、オーストラリア・シンギング・コンペティションを共同主催して、若手のスターを世界のオペラ劇場に送り込んでいます。
 能公演は、国内のほか、海外でもニューヨークのメトロポリタン美術館、国連本部プラザ広場での能公演は、国際的な知名度をあげました。
 今世紀の芸術の世界は古い形を打ち破ることが主な命題であるように思われましたが、歴史の流れの中で、今の世界が受け継いでいかなければならぬ、この地球上の人間と山岳の調和、そして人間同士の真の調和こそが、文化、芸術のみならず、あらゆる分野の使命であり、大事な主題と思います。
 世界芸術文化振興協会の今までの活動とこれからの活動に課せられたテーマに沿って行くことと期待しています。
 そして二十一世紀に向かって、二十世紀、人間がキズだらけにした地球を、どのようにして美しい青い地球にできるかが、我々人間の今後の課題となるでしょう。

特定非営利活動法人(NPO法人)世界芸術文化振興協会
副会長 渡邊 荀之助

 我々役者は、舞台の上で舞い、謡う。与えられた作品の中で、その役に全力を尽くす。
 最近は、薪能やイベントなどでその他の催しも増えたが、ほとんどは能楽堂と云う決められた場所で、ある意味で限られた観客を対象として演ぜられることが多い。
 世界芸術文化振興協会は、我々の力だけではとても行くことのできない国々、また考えも及ばぬ場所で、より多くの人々に能を見せる機会をつくってくれました。
 ニューヨークでは、あのメトロポリタン美術館、そして国連本部広場、中国の杭州、また国内でも恒例となりつつある都庁前広場の東京大薪能、熊野本宮大社の荘厳な木立の中の薪能は、能の原点をも髣髴とさせました。そして、そのどれもが完璧なまでの舞台設営、細かいところまで行き届いたスタッフの心遣いには、その都度感服させられます。
 IFACは、芸を芸術に、心を文化にしてこれからも広い世界で多くの人々に感動を与えてくれると思います。